カテゴリ:病気の話( 8 )

定期検診。

早いもので、そろそろ3ヶ月。
連休の後だし、明日は土曜日だし、病院はめっちゃくちゃ混んでて待たされたーemoticon-0107-sweating.gif


今日は何か検査用の細胞採取したりしました。
結果は1週間くらいで郵送されるらしいけど、何の検査だったのかその時わかるかな(^_^;


体は回復は順調。
気になることはないか聞かれたので
『ちょっと長く歩くと鼠径部が痛くなる』報告。

リンパ節をとった影響もあるのか気になるところです。

『5000~6000歩歩くと張った感じがでて、1万歩位になると痛い』ですって言ったら


『えっ、1万歩・・それは普通の人でも結構な距離ですけど、何か目的があってあえてそんなに歩いてるの?emoticon-0114-dull.gif
と、・・・・要は歩きすぎか~
目的はないし、毎日そんなに歩いてないけどさ、ちょっと出掛けると結構な距離歩くこともあるからねー

もちろん、リンパの処理能力が弱いから影響が全くない訳じゃ無いみたいだけど、悪くなってはないみたい。
リンパというより鼠径靭帯が痛いのかなーemoticon-0136-giggle.gif



実は今日もちょっと痛いんだけど、
昨日17,800歩程歩いたことは未報告(´д`|||)


何でそんなに歩いたかっつーと、東京からきたhiroさんと1日ブラブラしていたから(^ー^)

お土産。
大好きな亀屋万年堂のカレー丹&かりんとうemoticon-0159-music.gif

c0025351_19093481.jpg

カレー丹、食べ始めると止まらないやつですー(笑)そして食べすぎて胸焼けしますー
気をつけよーっとemoticon-0102-bigsmile.gif




[PR]
by okuyamama | 2015-09-25 18:41 | 病気の話 | Comments(2)

入院の記録3

詳しく手術の内容を話してないので、
初期で、腹腔鏡での手術だった・・・・というのを聞いて、
『ポリープみたいのを摘出した』と、昨日ランチをした友達が思っていました。



子宮体がんは、基本、子宮全摘です。
私の場合、卵巣、卵管も摘出、骨盤から腹部のリンパ節の摘出もしています。




手術後にはいろんな症状が出ることがあります

骨盤内の臓器周りの神経を触るので、排尿・排便障害がおこる場合もあります。
私は大丈夫でしたが、同室で術後に尿意を全く感じなくなってしまった患者さんもいました。
その方は徐々に回復されていましたが、それがずっと続いてしまうと、自己導尿(膀胱に溜まった尿を一定の時間ごとに尿道口からカテーテル(管)を挿入して体の外に排出する方法)しなけらばならなくなります


閉経前に卵巣を切除した場合は、女性ホルモンの産生がなくなるので更年期症状が出たりするかたもあるそう。
まだホットフラッシュは起こってないですけど、最近何だか暑くて汗をかいているのは暑さのせいなのか、後遺症なのか・・emoticon-0101-sadsmile.gif


あと一つ、すごく気になっているのがリンパ節を取り除いていることで起こるリンパ浮腫の問題。


骨盤内のリンパを取ると聞いていたし、鼠蹊部付近が痛いし、鼠蹊部リンパ節も全部取ったのかと思っていたんですけど、
浮腫の問題があるのでそれはギリギリ残していると聞いて少しほっとしました。



まあとにかく、リンパの流れが悪くなってリンパ液が停滞して、皮膚の下にたまってしまうのがリンパ浮腫と呼ばれるものです。
この後遺症は、手術後すぐに発症する場合もあれば、10年以上経過してから発症することもあるという、
一生気を付けていないといけないものなんですね。



で、思った以上に気を付けることがあるのにびっくり。


定期的に足のサイズを測る
さするようにリンパマッサージをする(一般にお店で行われているリンパマッサージは受けてはいけない)
長時間の温泉・サウナなど、温まりすぎるのはよくない。
肌は清潔にし、乾燥などの皮膚トラブルが起きないように心掛ける
蚊など、虫刺されに気を付ける
日焼けに気を付ける
体を締め付けない
体に傷を作らない(脱毛等には剃刀は使わず電気シェーバーで)
正座しない
起ちっぱなし、座りっぱなしとか同じ姿勢を取りすぎない

等々・・・・・


入院中に一度簡単な説明を受けましたが、一度聞いたくらいではさらに気になることが出てくるばかりで、どう付き合っていけばいいのか悩ましいところですね。


なので、退院するときにがんの定期検診のほかに、リンパ浮腫外来を受けるように言われているんです。
それはまだ受診していないので、どんな感じなのか・・・後日また報告しますね。



私、個人的な術後の症状があって、
右と左の足の温度が違う事emoticon-0136-giggle.gif

左の足首から先が熱くて、右は冷たいんです。
少しずつ治ってきてはいますが、今でもまだ若干違います

先生に言ったんだけど、あんまり聞かない症例だって~・・・


後は、内転筋なのか骨盤底筋なのか・・・内またの力が弱ってる~


入院中、リハビリの時に椅子に座った状態でボールをひざに挟んで絞めるって動きをさせられたんだけど、力が入り辛かったですemoticon-0107-sweating.gif
まあこれは私だけじゃなくて、手術を受けたみなさん言ってたから、みんなそうなんだろうとは思うけどねえ
体の中心の臓器がなくなっちゃったからかな、なんか力が抜けちゃう感じ。


私の場合、右足よりも左足が弱いです。
腰も左が悪いのも関係あるのかなあ。
以前から運動をしていたので、今までできてたけど出来なくなってる動きが分かるから気になるのかもしれません
全体が弱いというより、左足の筋のどこかピンポイントで切れてる感じかなあ・・・

日常の動作で不自由することはないんだけど、まだ痛いし、もとに戻すとなると結構時間がかかりそうだなあ・・・って感じですね。



もうすぐ一か月。
もうすぐお酒を解禁しますよemoticon-0105-wink.gif




[PR]
by okuyamama | 2015-07-29 16:12 | 病気の話 | Comments(4)

入院の記録2

7月2日。
病院の朝は早いんです。
6時起床。ちなみに消灯は22時。


ものすごく眠いようなぼーっとした状態のまま、熱やら血圧やら測られたり、看護師さんが体を拭いてくれて着替えをしてくれたり。

手術前に
『難しいとは思いますけど、なるべく寝返りするようにしてくださいね』って看護師さんから言われてたんですけど・・・・・


左手は点滴。
尿管も通ってる。
背中には麻酔が刺さってる。
お腹からチューブが2本出てる。
足は血栓予防のためにエアーマッサージをはめられてる。


これで動けというのだろうか(笑)


ちなみに、腹腔鏡で開いた穴は★のところです。(下手くそな絵emoticon-0125-mmm.gif
下の方の両端から、ドレーンと言われるチューブが出てて、体にたまった血液とか体液を排出してて、パックにためられてます。
その上から大量のガーゼが当てられててもっさりしてます。

c0025351_1021318.png

私はまだ絶食だったのですが、朝食時間が済んでしばらくたったころだったのかな・・
とにかく午前中のうちに処置室から病室に運ばれました。



でもとにかく眠いし、地味に痛いし・・・
看護師さんが『午後からちょっと立ってみましょうね~』
とかいうのをマジか?!とか思いながらしばし眠る。


で、結局本当に立たされます(笑)
足のマッサージのやつをはずしてもらってスッキリ♪
何とか体を起こして、体から繋がってる色んな物に注意しながらベッドから足を下ろして、そーっと立った時の体の重さ!
体の血がザーッと下に降りる感じと、足の力弱さと下っ腹の鈍痛・・(´д`|||)

丸1日寝てるだけでこんな事になっちゃうのにビックリ。

このあと尿管を外す事になってるから、トイレまで歩けるようにならないといけないんですーemoticon-0101-sadsmile.gif

スパルタです(笑)

点滴してるとトイレ近いんだよねえ・・・
無理やり歩かされましたemoticon-0136-giggle.gif

エアのマッサージは取れましたが、その後からは白いソックスを渡されて、入院中は履いてるように言われる。
リンパを取っているので、リンパ浮腫予防のための弾性ソックスなんです。

追記***と思ってましたが、この靴下は血栓予防のソックスでした(^_^;)



リンパ浮腫についてはまた色々あるので、別口で書きますねemoticon-0105-wink.gif

この日の夜から流動食。





7月3日。
背中の麻酔を午後に抜く。
結構バンバン使ってて、朝にはもう空っぽになってたので邪魔でしょうがなかったのよね。


この日は点滴も終わった~emoticon-0102-bigsmile.gif
左手が自由になった~



ドレーンがまだ抜けないからシャワーを浴びることはまだできないけどシャンプー台を使って頭だけ洗うことは出来るようになる。
・・・けど、この日は女性のお風呂の時間に間に合わずに明日に持越し・・・・

リハビリも開始・・・ちょっとその辺歩くだけ。
進化中の人類みたいな姿。
まっすぐ立つのがツライ(笑)



7月4日。
女性のお風呂の時間は9時~14時。
早々にシャンプーに出かける。

泡立たなさったらないemoticon-0102-bigsmile.gif
シャンプー台の使い方に不慣れで前がビショビショになる(笑)

久しぶりのさらさらヘアに上機嫌でリハビリemoticon-0159-music.gif
ドレーンぶら下げて、下のコンビニに行ったりもする。




7月5日。
ドレーンが抜ける
やっとすべての物がなくなります!!
下のコンビニにも行きやすくなるーemoticon-0142-happy.gif


体液が出る量は、パックにたまってるのを捨てるときに看護師さんが量っているのですが、その量が一定より少なくなってくると外すタイミングなのだそうです。

ガーゼ付のテープに張り替えてくれます。
こうなるとシャワーが浴びられます!!emoticon-0170-ninja.gif

左側はそのまま傷がくっついた様子だけど、右側は体液が止まってない。
結局テープを外して分厚いガーゼ&防水シートを張られる。
びしょびしょになったら看護師さんに張り替えてもらいます。

心配しなくてもその内止まりますよーって先生も看護師さんも気にしてない様子。
結局この後3日位は止まらなかったかなあ・・・

シャワーの時に驚愕したんだけど、下っ腹というか恥骨廻りというのかねとにかく下腹部がぶよぶよで・・・
ジャバ・ザ・ハットかと思いましたが・・・(知らない人はスターウォーズ調べてみて)
むくみとか腫れとからしいですけどぎょっとします。
少しずつ治ってくるけどね・・・・emoticon-0120-doh.gif


**********************************************

手術の後の大まかな出来事はこんな感じですかね。
術後1週間で退院というのが目安なんです。
こういう病院では手術をしたら速やかに退院して、次に待ってる患者さんの手術をする必要があるんですね

私も退院を目前にしてたのに、
こないだ書いたように腸閉塞疑惑が巻き起こったのでちょっと長く入院することになっちゃったんですよね~(^_^;)


退院した直後に調子に乗って食べた挙句に具合が悪くて再入院・・・とかならなくて良かったなあ・・・と思ったわけです(笑)


そういえば、その時また点滴&絶食からやり直しだったんだけど、点滴が刺さらなくてねえ・・・・

もともと血管が細くて逃げやすいらしく、手術前の一回目の時も新人さんが失敗してベテランの人に刺し直しされたんですね。
お腹壊した後の2回目も何とか左に一度刺せてしばらくはそのままやってたけど、途中から漏れてるみたいで右に刺し直し。
右手に丸一日刺してたけどだんだん腕が腫れて来てパンパンになったのでまた左に刺し直し。

仕舞には赤ちゃんと同じ一番細い針を使って何とか左腕に。
もう青くなりまくりです。
もう点滴はこりごりemoticon-0106-crying.gif



つづく。



[PR]
by okuyamama | 2015-07-23 14:31 | 病気の話 | Comments(7)

入院の記録1

次の検診は2か月後。
まだ一か月もたっていないけど、どんどん忘れちゃいそうなので記録しとかねばemoticon-0136-giggle.gif
*******************************************************



6月29日午後入院。
手術2日前に入院しました。
受ける手術によっては前日入院とかもあるみたいです。

この日は特に何もすることはなくて、シャワー浴びてご飯を食べたくらいでした(笑)
部屋の窓から見える景色。
c0025351_17285488.jpg



6月30日。
食事をとれるのは朝食まで。
11時頃から2時間程かけて下剤を2リットル飲まなきゃならない・・・・emoticon-0107-sweating.gif
スポーツドリンクみたいな味の水分なんですが、結構しんどい・・・・



しばらく入浴できなくなるから、おなかの様子を見ながら(笑)ダッシュでシャワーを浴びたり、電気シェーバーで剃毛されたり、自己血(手術中の輸血用)を抜いたり、点滴はじまったり・・・

寝る前にさらに錠剤の下剤と睡眠導入剤を飲んで寝ました。
・・・・・・でも同室のおば様のいびきがかなりなもので、目が覚めた(笑)

c0025351_17285657.jpg



7月1日。
手術当日。
ダメ押しの浣腸emoticon-0120-doh.gif

その後、手術着に着替えて待ちます。
看護師さんが迎えに来てくれて、歩いて手術室まで向かいます。


まずは背中に麻酔を刺します。
これは術後も2日程このまま刺しっぱなし。
痛みを感じたら、自分でボタンを押すと麻酔が体内に入っていくんですよ~

で、この後マスクを口にギューって押し付けられて、
『そんなに強く押し付けたら苦しいやんかー・・・』って思ったのが最後(笑)

次に気づいたのは
『終わりましたよー、わかりますかー?』って言われた時でした。


手術時間は7~8時間はかかると言われていたんですね。
でも私は6時間かからなかったとか。手術自体は5時間半くらいだと聞いてます。
出血が少なくて自己血の輸血もしなかったらしいです。
看護師さん曰く『牛乳瓶1本分も出なかったわよー』って(笑)


そんな感じで無事に終わった後は、処置室に運ばれました。
その時はね、ものすごく寒くて寒くて・・・・
電気毛布にくるまって震えてました。

一晩中寝てるのか起きてるのかよく分かんない感じで翌朝までは処置室で過ごしました。
[PR]
by okuyamama | 2015-07-22 22:20 | 病気の話 | Comments(0)

検診

退院して1週間。今日は病院に行ってきました。
病院は天神にあるので、ついでに必要なものを買い物したりしてねemoticon-0105-wink.gif




術後の経過は順調です~♪


腹腔鏡の傷跡は5ヵ所。
自分でもビックリするくらい小さい傷です。
エコーで体内を見ても異常なし。


表面的には着々と回復してるようですが、まだまだ疲れやすく、運動機能はまだまだですね~

日々リハビリしてます(^o^)



昨日は行きつけの焼きそばを食べるために、往復で3キロほど歩きましたよemoticon-0110-tongueout.gif



で、
今日のランチは
c0025351_16071342.jpg
熟成肉のサイコロステーキemoticon-0100-smile.gif

退院してから、どうにも米を受け付けず、一粒たりとも食べてなかったから久しぶりのライスemoticon-0136-giggle.gif

美味しくいただきましたemoticon-0159-music.gif






[PR]
by okuyamama | 2015-07-21 15:45 | 病気の話 | Comments(2)

退院しました

手術も無事に済み、本日退院しましたemoticon-0102-bigsmile.gif


病理検査の結果、追加の化学治療は必要ないでしょうってことです。
後は定期的に健診に行くことになるんでしょうね。


しかし・・・やっと退院できましたemoticon-0107-sweating.gif
術後の経過もよかったし、本当は8日には退院が決まってたんですけど、6日のお昼ご飯に出たトンカツを食べてからどうにも調子が悪くて・・・・


結局嘔吐&下痢になっちゃったんですねー


普段から、脂っこいものを取りすぎるとお腹を壊すことがあったし、軽く考えていたんだけど甘くなかった・・・


手術後という事もあるので、腸閉塞の疑いもあるからと、色々調べられました。

結果、腸閉塞ではなかったものの、一部腸が癒着して通りにくくなっていたのかも・・・とかいう話で、せっかく普通食まで回復していたのに、絶食&点滴~やり直しです・・・・




2週間の間に、絶食~流動食~3分粥~5分粥~全粥~普通食なんてのを2回もやったら、さすがに痩せますemoticon-0120-doh.gif
お腹を壊す前にはそこまで痩せてなかったんだけど、2回目のでぐっと落ちて、3キロくらいはやせたでしょうかね。

まあ、じょじょに戻るでしょうが~



1か月ほどは安静にしてないといけないようですが、寝てばっかりいるのはダメらしいです。
っていうか、、術後3日にはリハビリやってましたしね。
『無理せず動く』は必要なようです。



取り急ぎ、洗濯しながらのご報告でした。
[PR]
by okuyamama | 2015-07-14 12:05 | 病気の話 | Comments(0)

受診~発見~告知

前回の記事を書くときに、どう書くか困っててね。
だーっと書くと長くなっちゃったので、とりあえず結果だけ書いとこうとザーッとカット・・・

なんてのを繰り返していたら、結局健康診断で見つかったっぽく仕上がってましたね(^_^;


でも本当は、
毎年健康診断を受けているけどその時には見つからず、今回別に「子宮頸がん」と「子宮体がん」の検査して見つかった・・・


って書きたかったの~



ってな訳で経緯を。 (かなり長文です)


**********************************
何で病院に行ったかというと、不正出血があったからです。


これまでに、排卵期の不正出血は経験が何度かありました。
それは生理と生理に間のまさに排卵の頃に数日間だけ出血が見られることがあるっていう、特に心配することはないタイプのやつです。




でも今回はね、生理が終わった数日後、ひょっこり出血して・・・
止まってみたり出血してみたりを次の生理まで繰り返してました。

出血と言っても経血のそれとは違って、さらっとしたおりものに鮮血が混じって薄い血??ってのが出る程度。




その時思ったのは
「とうとう更年期?生理が終わる段階がはじまったか???」位の軽いものでした。

それでも、そんなのが続いたら面倒なので、婦人科に行ってホルモン剤でももらったら血は止まるだろう・・・
と思って、婦人科の受診を決めました。




予約をした当日(5月13日)
その頃には出血も止まっていたので、行くのをやめようかとも思ったけど、せっかく予約したし、相談しとこ・・・とね。




診察はイヤーな内診ですよ。慣れないですよねー。
あとは子宮頸がん検診。
あとエコーで子宮の画像を見てみたら、子宮内膜が普通よりも厚いらしい。

そうなると子宮体がんの検査もした方が良いのだけど、その病院にはその設備がないので、紹介状を書いてもらって大きな病院に行くことになりました。





2日後(5月15日)
初の子宮体がん検査。
多分「組織診」だったのかな。これが、正直ものすご痛いemoticon-0106-crying.gif
子宮の内側の組織をとるから、多分ひどい生理痛とかに近いんじゃないかなあ・・・
私生理痛しないのでよく分からんけど、未知の痛みでした。
で、そのあと数日は出血します。

この時に「何かあるのは間違いないようですねえ・・・」という言葉とともに
、1週間後に結果を聞きに行くときにはMRIの検査をすることも決まってしまうemoticon-0120-doh.gif


もしがんが見つかった場合は、詳しく子宮の状態を把握するためにMRIをとるのが次の流れなんですね。
これが結構混んでいるので早めに予約しとかないといけないらしく、結果を待たずに予約を入れてもらいました。

もう既に、嫌な予感・・・・





1週間後(5月22日)
「おひとりですか?」からはじまり、
「がん細胞が見つかりました・・・」って。

えーーーーーー!
やっぱりかー、マジかー、うそーー、どうしよーー・・・・・




で、その日はそのまま予約してあったMRIを撮ってから帰る事。

一週間後に詳しい結果が分かるので、その時にはだれか家族と来てほしい事。
他の部位に転移はないか調べるためにCTとらないといけない事。
心電図と血液検査すること。
子宮体がんの治療の第一選択は子宮全摘手術なこと。
初期だったら腹腔鏡手術が出来ることなどなど・・・
軽はずみなことは言えないがと前置きして、先生の経験的予感では初期ではないかという話・・・


とか、呆然としながらも、そんな話をひとしきり聞いてから帰りました。





今思えば何がツライって、ここから一週間の、「どうなんだろう期」ですよ。
それと、夫に話しなきゃいけないのがね・・・


夫に話すときだけは涙がポロポロでてね・・・
ハッキリわからないっていう状態っていう不安定感。


でも、ネットでいろいろ調べてるうちに、子宮がんは進行が凄く遅い事、
そもそも、初期のがんは治る事などなど、
良い話ばかり拾っては読んでいた私は、かなりの早さで気を取り直し、気持をコントロール。


よく分からんことで泣くわけにはいかん


という、何か分からない負けず嫌いを発揮して(^_^;)


でも、コレは自分自身の事だからそう思えたのかも。
もし夫ががんになってたら、もっと弱ってたかもしれないなあ。





更に1週間後(5月29日)
詳しい結果を聞く前に、CTを含めてその他必要ないろんな検査を済ませる。

結果を聞く時間には夫も同席してもらう。

そして、MRIの画像を見た結果、初期のがん。
画像で見る限りは、そのほかの臓器に逡巡はなさそうだという。
腹腔鏡でできる条件内のがんだと。
抗がん剤治療をするかどうかは術後の検査で決まる。などなど。。。


聞きたいことはいろいろ聞いて、同席していた夫も、やっと少し安心した様子。

現在の状況を理解して、やるべきことが分かるとなんとなく落ち着くもんですね。



入院の予定日と手術日も決まったし、検査も済んでいるので、あとは事務的なことを残すのみです。


***********************************************************



で、もともとは病気の事は秘密にしておこうか・・・・
と思っていたんです。

でも、初期で見つかったこと、
初期とはいえ完治(寛解)するまでには時間がかかる病気だという事。

とかを考えているうちに、周りの人には言っちゃった方が何かと良さそうだと。

いちいち説明するのが面倒で、引きこもってしまうかもしれないし、
今は術前で元気やけど、術後はその時々で弱音を吐きたくなることもあるかもしれんし・・・
早いうちから言っとけば、周りの人も普通に受け止めてくれるようになるやろうし・・・
とか、勝手に思ってみたり。



あと、ネットでいろんな情報が調べられるようになって、色々読んだりなんかしても
闘病の記録は「子宮頸がん」のほうが多かったので、記録を残すのも意味がありそうだなと思ったし。



受け止め方はいろいろで、家族をがんで看取ってつらい思いをしたことを思い出す人もいるかもしれないけど・・・


私は、声をひそめないかんような病気になった訳じゃない。
がんって死因第1位の病気かもしれんけど、
検査で早期発見したら治る病気でもある。



という事を、少しでも感じてもらえたらいいと思っています。













[PR]
by okuyamama | 2015-06-03 10:08 | 病気の話 | Comments(8)

<<報告>>私史上、一番の驚き。

のんびりしたG・Wではじまった5月。

中旬以降一転。
毎週病院通い。

私ごとですが、子宮にがんが見つかり7月に入ったらすぐに手術することになりました。



毎年健康診断は受けていて、乳がん、子宮がん検診もやっているんだけどね、
健康診断でやっているのは『子宮頸がん』の検査。

今回もその検査も受けましたが、そちらは陰性。

私は子宮体がんでした。
初期だったのは不幸中の幸いか。
初期のうちから出血するので、割と早いうちに発見されること多いみたいです。




検査も終わっているし、あとは入院、手術の細かい話を聞いて同意書をもらったり、
麻酔医との面接を残すのみ。






『ああ、だからブログをあんまり更新していなかったんだ・・・・・』

・・・・・・・とか思った人がいたらごめんなさい、ただサボってただけです(笑)


それは全く別問題で、フェイスブックにさくっと写真と短い文章を載せる方が楽なんで、
ついついそれで済ませてましたemoticon-0136-giggle.gif



痛いとかそういう自覚症状はないので、普段通り暮らしていますよ。
太極拳だってちゃんと続けてます~




先生に、やったらダメなことありますかー?
って聞いたら、特にないらしく、唯一言われたのが


『じゃあ・・・風邪ひかないようにしてください・・・・位かな』でした(笑)


抵抗力落ちないようにって事かなー
でも気のせいか確かにすごく疲れやすい気はするんですよね。

まあそれ位です。


本格的な闘病が始まってない今が一番のんきに過ごせるかもしれないです。




で、
今後、少しずつ今回のことを記録しようかな・・・とか思ってます。
[PR]
by okuyamama | 2015-05-31 22:27 | 病気の話 | Comments(0)

   okuyamama@excite.co.jp


by okuyamama
プロフィールを見る
画像一覧